賃貸物件探しを簡単にする事は出来るのでしょうか、注意する点もご紹介

>

賃貸物件、上手な探し方を知りたい

住みたいと思える賃貸物件を見つけたい

実際に始めてみると物件探しは意外と大変なものです。
事前に間取り図を確認して、条件に何となくあった家を下見に行くのですがやはり実際に部屋に行ってみると違うなと感じて決まらないで終わってしまいます。

図面で見るのと、実際に部屋を見るのとでは様子が違います。
それでも、失敗はしたくないのでいい物件探しとはどんな所に注意しなくてはいけないのか勉強しておきましょう。

まずは、これから住む街の不動産業者から物件についての情報をもらいに行きましょう。
不動産業者は、一箇所にこだわらず何箇所かいき色々な物件を見るようにした方が良いです。

不動産業者ごとに取り扱っている賃貸や物件も異なります。そのため、自分が納得のいく物件を探したいという気持ちが強いのであれば比較は大切です。
どんな家で過ごしたいのか、ここだけは譲れないと言う部分はしっかり自分の中で決めておきましょう。

失敗しない、お部屋探しを知りたい

物件を見ていると、いいなと思えるものに幾つか出会えます。
どちらも実際に見てみてどこに注目して物件を下見するのがいいのか調べてみます。

まず、部屋の中は綺麗かキッチンやお風呂場は清潔にしてあるか。
もし汚れていて不衛生にしていると、住み始めてすぐ害虫問題に悩まされます。
管理会社もあまり気をつかわない所の可能性高いので住むにはオススメできません。

下見に行く場合はなるべく昼間にした方がいいです。
日中の様子が確認出来ます。
太陽の光がきちんと入る方が部屋の中も明るくなります。
日陰の時間が長いと、部屋は常に寒くて湿気も多くカビが生えやすくなります。

賃貸物件の場合ですと、家賃は気になります。
最初にかかる費用や更新料があるのか等、お金関係はしっかり確認しておいた方が良いですね。


この記事をシェアする